【映画 T2 (Trainspotting 2) 】「Choose your life」の意味

【映画 T2 (Trainspotting 2) 】「Choose your life」の意味

TSUTAYAで借りた『T2(Trainspotting 2)』を金曜の夜に一人で鑑賞しました。
控えめに言ってもマジ最高でした。私はもともと『Trainspotting』のファンなので、作品の感想についてはかなり甘いですが、それでも前作同様の疾走感や、アップデートされた映像美だけでも全然飽きずに見れました。

『T2』を観てとりあえず書き残したいと思ったシーンがあります。
ちょうど映画の中盤、主人公・レントンと本作のヒロイン・ベロニカの会話のシーンがあります。ベロニカはシックボーイの彼女ですが、彼女はこう尋ねます。
「”Choose your life”って何?」
シックボーイがよく口にする言葉だと言います。
それに対するレントンの答えが、私にとってこの映画のベストでした。

…(”Choose your life”は)1980年代の薬物撲滅キャンペーンの標語さ
よくパロってた
たとえば ”選べ ブランド物の下着をな
むなしくも愛の復活を願って”
バッグを選べ
ハイヒールを選べ
カシミアを選んでニセの幸せを感じろ
過労死の女が作ったスマホを選び
劣悪な工場で作られた上着に突っ込め
フェイスブックや
ツイッターやインスタを選び
赤の他人に胆汁を吐き散らせ
プロフ更新を選び
“誰か見て” と朝メシの中身を世界中に教えろ
昔の恋人を検索し自分の方が若いと信じ込め
初オナニーから死まで全部投稿しろ
人の交流は今や単なるデータ
世界のニュースよりセレブの整形情報
異論を排斥
レイプを嘲笑
リベンジポルノ
絶えぬ女性蔑視
9.11はデマ 事実ならユダヤ人のせい
非正規雇用と長時間通勤
労働条件は悪化の一途
子供を産んで後悔しろ
あげくの果て
誰かの部屋で精製された
粗悪なヤクで苦痛を紛らわせろ
約束を果たさず人生を後悔しろ
過ちから学ぶな
過去の繰り返しをただ眺め
手にしたもので妥協しろ
願ったものは高望み
不遇でも虚勢を張れ
失意を選べ
愛する者を失え
彼らと共に自分の心も死ぬ
ある日気づくと
少しずつ死んだ心は空っぽの抜け殻になってる
未来を選べ ベロニカ
人生を選べ

(* DVD字幕をそのまま引用)

レントンの言う「Choose your life」の意味するところは何でしょうか。
英語に抵抗がなければ、ぜひ原文も引用しておくので読んでみてください。字幕の関係上省略されている部分もあるので、原文を読んだ方が意味が取りやすいかもしれません。
私はずっと、この一連の言葉がどうしてここまで私の感情を刺激しているのか考えています。

(以下、英語原文)
“choose life” was a well-meaning slogan from a 1980s anti-drug campaign.
and we used to add things to it.
so I might say, for example, choose…
designer lingerie
in the vain hope of kicking some lie back into a dead relationship.
Choose handbags.
Choose high-heels shoes
Cashmere and silk to make yourself feel what passes for happy.
Choose an iPhone made in China by a woman who jumped out of a window.
And stick it in the pocket of your jacket fresh from a South Asian firetrap.
Choose Facebook, Twitter, Snapchat, Instagram
and a thousand other ways to spew your bile across people you’ve never met.
Choose updating your profile.
Tell the world what you had for breakfast and hope that someone, somewhere cares.
Choose looking up old flames,
desperate to believe that you don’t look as bad as they do.
Choose live-blogging from your first wank to your last breath.
Human interaction reduced to nothing more than data.
Choose ten things you never know about celebrities who’d had surgery.
Choose screaming about abortion.
Choose rape jokes, slat shaming, revenge porn,
and an endless tide of depressing misogyny.
Choose 9/11 never happened, and if it did, it was the Jews.
Choose a zero-hour contract and two-hour journey to work,
and choose the same for your kids, only worse.
and maybe tell yourself it’s better that they never happened.
and then sit back and smother the pain with an unknown dose of an unknown drug made in somebody’s fucking kitchen.
CHoose unfulfilled promise and wishing you’d done it all differently.
Choose never learning from your own mistakes.
Choose watching history repeat itself.
Choose the slow reconciliation toward what you can get rather than what you always hoped for.
Settle for less and keep a brave face on it.
Choose disappointment.
and choose losing the ones you loved.
And as they fall from view, a piece of you dies with them.
Until you can see that one day in the future,
piece by piece, they will all be gone.
And there’ll be nothing left of you to call alive or dead.
Choose your future, Veronika.
Choose life.