【映画 Trainspotting】20代のレントンが言う「Choose your life」

【映画 Trainspotting】20代のレントンが言う「Choose your life」

昔買った漫画をふと読み出して、ついつい最後まで読んでしまう。
テレビで流れていたドラマの再放送を何となく見ていて、結局全話見てしまう。
シリーズものの映画の新作が発表されたら、やっぱり昔の作品を見返してしまう。

『T2』を観たら、やっぱり前作『Trainspotting』を観ずにはいられませんでした。20代のレントンの「Choose your life」論はどのように語られていたかが気になったのもあります。

『Trainspotting』では、「Choose your life」と言う言葉をレントンが語るナレーションが2ヶ所あります。
映画の冒頭とエンディングです。冒頭では以下の台詞になっています。

人生で何を選ぶ?
仕事、出世、家族、大型テレビ、洗濯機、車、CDプレーヤー

健康、低コレステロール、保険、固定金利の住宅ローン
マイホーム、友達

レジャーウェア
ロンドンで買う高級なスーツとベスト
単なる暇つぶしの日曜大工
くだらないクイズ番組
ジャンクフード

腐った体をさらすだけのみじめな老後
出来損ないのガキにもうとまれる
それが”豊かな人生”

だが俺はご免だ
豊かな人生なんか興味ない
理由か?
理由はない
ヘロインだけがある

*映画字幕をそのまま引用
盗みを働き警備員に追われ、ヘロインを打ってハイの状態で床へ倒れこむシーンから始まるこの映画の主人公らしく、彼は「ドラックがあれば豊かな人生には興味がない」と明言しています。
そして、映画の最後。
どうして俺は裏切った?
本当のところは俺がワルだからだ
だが変わろうと思う
これを最後に
足を洗ってカタギの暮らしをする
楽しみだ
あんたと同じ人生さ
出世、家族、大型テレビ、洗濯機、車、CDプレーヤー、
健康、低コレステロール、保険、住宅ローン、マイホーム、おしゃれ
スーツとベスト、日曜大工、クイズ番組
公園の散歩、会社、ゴルフ、洗車
家族でクリスマス、年金、税金控除、平穏に暮らす
寿命を勘定して
*映画字幕をそのまま引用
日本語訳だとわかりづらいのですが、エンディングでのレントンは考えを改めています。
「豊かな人生には興味がない」と言っていた彼は、「足を洗ってカタギの暮らしをする」と語ります。英語原文で見た方がわかりやすいです。
冒頭:” I chose not to choose life: I chose something else”
最後:” I’m cleaning up and I’m moving on, going straight and choosing life.”
前記事でも書きましたが、私はこの「Choose your life」の意味を考えてしまいます。
直訳すれば「人生を選べ」といたってシンプルな一文なのですが、前後の文脈と繋げるとどうやらそれは人ぞれぞれ、様々、十人十色の「人生」ではなく、もっと限定的な意味を持っているように感じます。
「Choose your life」に続く、日常生活に関わる名詞の繋がり。
出世や大型テレビ、保険や住宅ローン、日曜大工やクイズ番組…。これらの物事で形作られ、表象される人生はどのようなものなのか。
そして『Trainspotting』が私に投げかける大きな疑問が、「その”life”を求めることに、どうしてお前は違和感を抱くのか」と言うことです。
どうしてだろうね。
(冒頭ナレーション、原文)

Choose life. 
Choose a job. 
Choose a career. 
Choose a family, 
Choose a fucking big television, 
Choose washing machines, cars, compact disc players, 
and electrical tin openers.

Choose good health, low cholesterol and dental insurance. 
Choose fixed-interest mortgage repayments. 
Choose a starter home. 
Choose your friends.

Choose leisure wear and matching luggage. 
Choose a three piece suite on hire purchase in a range of fucking fabrics. 
Choose DIY and wondering who you are on a Sunday morning. 
Choose sitting on that couch watching mind-numbing sprit-crushing game shows, stuffing fucking junk food into your mouth. 
Choose rotting away at the end of it all, pishing you last in a miserable home, nothing more than an embarrassment to the selfish, fucked-up brats you have spawned to replace yourself. 
Choose your future. 
Choose life.

But who would I want to do a thing like that?
I chose not to choose life: I chose something else. 
And the reasons? 
There are no reasons. 
Who need reasons when you’ve got heroin?

(エンディングナレーション、原文)
…So why did I do it? I could offer a million answers, all false. 
The truth is that I’m a bad person, but that’s going to change, 
I’m going to change. This is the last of this sort of thing. 
I’m cleaning up and I’m moving on, going straight and choosing life. 
I’m looking forward to it already. 
I’m going to be just like you: 
the job, the family, the fucking big television, 
the washing machine, the car, the compact disc and electrical tin opener, 
good health, low cholesterol, dental insurance, mortgage, starter home, leisurewear, luggage, three-piece suite, DIY, game shows, junk food, children, 
walks in the park, nine to five, good at golf, washing the car, choice of sweaters, family Christmas, indexed pension, tax exemption, clearing the gutters, getting by, looking ahead, to the day you die.