【新宿お散歩】ポーチに入る小さな香水探し

【新宿お散歩】ポーチに入る小さな香水探し

「落ち着いた」大人からはまだほど遠い私ですが、せめて年端に合うものを身に付けて立派な張りぼてを作りあげたいと思っています。

服装や髪型はもちろん、匂いフェチの私には香りもとても大切なので、その時、その歳の私がときめく香りを探しています。

ここ1年くらいはサンタ・マリア・ノヴェッラの香水で落ち着いたのですが、たまに気分を変えたくなってきたのと、ボトルが大きすぎて持ち運びしにくいので、携帯できるサイズの香水を探すことにしました。

香水を小分けに入れるアトマイザーを買ったりもしたのですが、入れ替えるのが面倒で続かないのです…。

仕事帰りに新宿に立ち寄り、
1. 駅周辺で回れる
2. 動物性香料のツンとした匂いがしない
3. なるべく低価格

それに加えて、
4. 持ち運びしやすいサイズ

を条件にそれぞれの香水を試してきました。

Keihl’s(キールズ):オリジナルムスク

ボトルも手のひらに収まるサイズでシンプルなデザイン。
トップノートが石鹸のような爽やかな香りで、だんだんとムスクが香ってきます。ボトルのデザインといい、香りといい、「清潔なリネン」のような商品です。

「オリジナルムスク」はキールズの人気商品、尚且つ仕入れが少ない商品だそうで、新宿ルミネ店では売り切れでした。すぐに欲しい!という方は、出かける前に最寄り店舗に在庫を確認した方がいいかもしれません。


価格:¥6,500 (2019年1月時点)
オンラインストア:https://www.kiehls.jp/?p_id=K40001

SPA CEYLON(スパセイロン):ロールオン シリーズ

スリランカ発のスキンケアブランドで、新宿ではタカシマヤのヘルスコンシャスラボ内に展開されています。

スパセイロンは、アーユルヴェーダの本場・スリランカで、アーユルヴェーダ専門医とともに開発されたスパ発のスキンケアブランドです。…スリランカ王室の伝承にもとづいた高品質な植物を用いるレシピに、ハーブの香りを融合することで、モダンでラグジュアリーな製品に創り上げました。

https://spaceylon.co.jp/

スパセイロンのロールオンシリーズはいくつか香りがあるのですが、私が気に入ったのはネロリやオレンジ果油、ベルガモットやパチョリが配合された「スリープ インテンス ドリーム バーム ロールオン」。

ただ、こちらの商品は香水ではなくアロマオイルだそうで、気分転換したい時や寝る前などに軽く首元に塗って香りを楽しむものだそうです。
オイルなので肌になじませるようにすりこみ、少量でとてもよく香りました。かわりに持続時間は最大3時間程度かなぁと(私の体感ですが)。

価格:¥3,132(税込、2019年1月時点)
オンラインショップ:https://spaceylon.co.jp/products/list.php?category_id=1

Aesop(イソップ):マラケシュ

男女問わず不動の人気のイソップ。とてもリラックスできると同時に、上品さを感じる香りばかりが揃っています。
手の乾燥はあまり気にならないのですが、会社のデスクにイソップのハンドクリームを忍ばせ、リフレッシュのために使用しています。

以前試した時から「マラケシュ」の香りは大好きでした。ウッディでほのかにスパイシーで、これ付けてる男性がいたらイチコロで惚れるなあ。ロールオンタイプ「マラケシュ インテンスパルファム」が販売されていることも知っていたので、新宿Newman内の店舗へ。

シュッと吹きかけるタイプの「インテンスオードトワレ」よりも価格が高いのに驚きましたが、最高の恍惚感をもたらしてくれる罪な香りです…。
それでも一万円かあ…と眉をしかめている庶民の私が購入する決め手になったのは、

「量は少ないんですけど、全然減らないです。最低3〜4ヶ月はもちます。」

という店員のお兄さんの一言。
さらに、「トップノートとラストノートでガラッと香りが変わるので、まずはテスターで試してその変化を楽しんでください!」
このお兄さんに接客してもらえて幸運でした。腕のいいセールスですな、惚れるぞ。

価格:¥10,260(税込、2019年1月時点)
オンラインショップ:https://www.aesop.com/jp/c/fragrance

ということで今回はAesopのマラケシュを購入することに

私は草っぽい香りが好きなこともあり、イソップのマラケシュを嗅いだ瞬間「これだ!」という直感があったので今回はこちらを選びました。

ですが、キールズもスパセイロンもお勧めしたい香りでしたので、ぜひ興味がある方は試してみてください。

▶︎こちらの記事も合わせてどうぞ

Top photo by Daria Shevtsova from Pexels