【BEAUTY】オーストラリア:アトピー肌に優しい万能クリーム

【BEAUTY】オーストラリア:アトピー肌に優しい万能クリーム

Top Photo by Content Pixie on Unsplash

薬局の店員さんがすすめてくれたクリームがとても良かったので、今回はその商品を紹介しようと思います。オーストラリアで敏感肌に悩んでいる方のヒントになれば幸いです。

オーストラリアの冬はとても乾燥しています。
この日記にも書いたのですが、私も肌荒れが悪化してとても困っていました。
化粧水と美容液の後にDr.Jart+(ドクタージャルト)のシカペアクリームを塗るのが習慣だったのですが、敏感肌に対応したシカペアクリームでさえ刺激を感じるほどまで荒れました。はたしてこれはお肌の曲がり角だったのか、それともオーストラリアの気候のせいだったのか…。

刺激を感じる化粧品は一度使用をやめることにして、皮膚科でもらってきたヘパリン類似物質油性クリームとステロイド剤をしばらく塗っていました。正直言うと、ヘパリンクリームはどんな化粧品よりも頼りになります。私の肌荒れはこれが一番です。日本ならドラックストアでも比較的安価で買えるのですが、オーストラリアではポピュラーではないようなのです。
日本出国前、海外へしばらく住む旨を話し、皮膚科の先生からしこたまクリームを処方してもらったのですが、あまり無駄遣いはしたくないと思っていました。だからオーストラリアで気軽に買えるアトピー肌向けの保湿クリームを探していたのです。

ヘパリン類似物質油性クリームは多分オーストラリアの病院でも処方してくれると思うんですけどね。言葉の壁とかコロナ感染のリスクとか考えるとどうしても億劫になってしまう。

ROSKENのプロバイオティクス保湿クリーム

セタフィルのボディクリームが顔用の保湿クリームも展開していたので、それを試してみようと街の薬局に向かいました。製品を探して店内をキョロキョロしていると、店員のおばさんが話しかけてくれました。
オーストラリアの薬局(いわゆるPharmacy)で働くスタッフは、基本的にみんな薬剤の知識を持っています。質問するととても詳しく答えてくれるのでとてもありがたいです。
その知識豊富なおばさんはアトピーや湿疹ケアについても詳しいらしく、「セタフィルも良いと思うんだけど、」とこの商品をおすすめしてくれました。

ROSKENというブランドのSkin repair Biomexa Probiotic Moisturiser
私の荒れ狂った肌へ塗っても全くピリピリせず驚きました。テクスチャーは軽めなのですが保湿力はしっかり持続します。顔にも体にも使用でき、ベタベタせずにしっかり保湿してくれる上、$10前後とリーズナブルな値段で購入できます。同じクリームで容量が大きいボトルタイプもあり、こちらだと$20しないくらいです。

ちなみに私は写真のチューブタイプを$7ほどで購入しました。
Chemist Outletという激安ドラックストアチェーンがあるのですが、そこだとボトルタイプも$12程度で販売していました。Chemist OutletはNSW州の郊外エリアを中心に展開しているようで、メルボルンのあるVictoria州ではまだ店舗がないようです。シドニーには何店舗かありますので、見かけたらぜひ覗いてみてください。

さて、ROSKENのこのクリームの特徴ですが、それはプロバイオティクスでしょうか。

“Probiotics: Adds good bacteria to Improve skin barrier for defence against flare ups caused by bad bacteria.”
「良いバクテリアを肌に与えることで、悪いバクテリアによってもたらされる炎症へのバリア機能を促進させます」

ROSKEN製品ページより

私は専門家ではないのでこれがどれだけ優れているかはよく分かりませんが、他の製品ではあんまり見かけない文言ですし、私の肌に効果があったのは間違いありません。

ROSKENのハンドクリームもおすすめ

保湿クリームがとても気に入ったので、ハンドクリームも買ってみました。
こちらも全くベタつかないのに保湿力は高く、使い心地も良いです。価格も$5前後と激安(私は$3.5ほどで購入。現時点のレートで200円強か、やっす…)。うっすら石鹸のような匂いがします。
価格も手頃で気兼ねなく使えるので、常備ハンドクリームとしておすすめします。

豪州での肌トラブルが続きネット検索してみると、同じように悩んでいる人が多いようです。
私も様々な製品を試しているので、良い発見があれば随時更新していきます。