modifyされる体

modifyされる体

本日も朝から晴天、最高気温は22度。
7月なのに今この国は冬で、だけど気温は春のよう。日本で生まれ育った人間は混乱します。

今日は私にとって記念すべき日でした。
約半年ぶりに、2weekのコンタクトレンズ を装着できたからです。
低めの度で作った眼鏡でずっと暮らしていたので、買い物へ向かう道中の景色もこれ以上なく明瞭に見えます。新鮮な気持ちです。

年明け早々から、私の右目が不調でした。いきなりハチに刺されたように目が腫れてから、ずっと結膜炎のようにうっすら充血していて、2weekのコンタクトを長時間つけていられなくなりました。レンズの柔らかい1dayコンタクトならなんとか大丈夫だったので、眼鏡だと不便な日はそれをつけて過ごしていました。

そもそも目が突然腫れるというのも、豪州に来てから初めて体験したことでした。元々アレルギー、アトピーもちなので恐らく何かに反応したのだと思います。しかし目に異変が起こったのは生まれて初めてでした。

オーストラリアは豊かな自然に囲まれた国です。日本では見たことがない動植物がたくさん生息しています。とても美しい国なのですが、花粉症もちには辛い場所で、一年を通し人間に影響を与える花粉が何かしら舞っています。

これは推測ですが、イレギュラーなアレルギー症状が出たのは、私の体はオーストラリア植物の花粉の抗体を持っていなかったからではないか、と思っています。その後も目が腫れる症状は何度かあり、次第にいくつかのトリガーが重なると発症するというのがわかってきました。しかしまだ原因をはっきりとは断定できません。

目の不調で医者にいくとウイルス性結膜炎の目薬を処方されただけで、悪化はしないものの改善もしない状態がずっと続きました。その目薬すらなくなってしまって、さらに左目が若干不調になったりして、薬局で店員さんのアドバイスをもらいながら通算3本めの目薬を買った頃、目の症状が少し改善してきました。

そして最近になって、やっと目の不調や肌の不調(乾燥してるせいか、そういうお年頃なのか、近年まれに見る肌荒れ具合でした)が本調子に戻りました。
そして満を辞しての2weekコンタクト装着。1日を通して具合は好調でした。

私の体に起こった変化を表すのに「modify」という言葉がしっくりくるような気がします。
メカニックな分野に強い人は馴染みがあると思いますが、元ある何かを新しい環境や状況に合わせて「修正する、改変する」という意味になります。

日本の生態系の中で育った私の体は、オーストラリアの生態系で生きるために半年をかけてmodifiedされていったのです。