Art

【旅行記】生と死のウィーン:生きているもの

  • 2019.08.03

二日目のウィーンは曇り空だった。午前中は応用美術館と分離派会館(セセッシオン)に行こうかと思っていたけど、まだ疲れも取れなかったので分離派会館だけに行くことにした。ホテルから比較的近く、同エリアにはマーケットや有名なカフェもあったので、まとめて色々見れると思ったのだ。旅先だろうが仕事だろうが、「St […]

【旅行記】生と死のウィーン:死んでいるもの

  • 2019.07.30

2019年6月に初めてオーストリア・ウィーンを訪れた。大学時代に世紀末美術にハマり、いつか行ってみようと思っていた場所。グスタフ・クリムトやエゴン・シーレ、ウィーン分離派の絵や作品を一度拝んでみたかった。 2日間ウィーンを歩いて回って頭に浮かんだのが、「生と死」という言葉。 ベルヴェデーレ宮殿を見に […]

【イコノロジー(図像解釈学)】感想を超えて絵を読むためには

Art
  • 2018.08.13

みなさんは「この絵の意味を知りたい!」と思ったことはありますか? 大抵の人はまず、その作品について調べたり、アーティストについて調べたりするのではないのでしょうか。 しかしそれだけではどうも理解した気になれない時があります。 「よく見るとここに骸骨がある。どうしていきなりこんな所に描かれてるんだ?」 […]